PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マイ・ボディーガード

 監督:TONY SCOTT
 出演:DENZEL WASHINGTON
    DAKOTA FANNING

 とある金持ちの家の9歳の娘ピタのボディガードとなった孤高なもと対テロ部隊のジョン。やがて彼はピタにより癒され、次第に暖かいハートを取り戻していく。だがピタが金目当ての組織によって拉致されて殺され、ジョンも大怪我を追ってしばらく寝たきりに。やがて回復した彼は、ピタの仇討ちに誘拐組織を追いつめていくのだった……。




前半はクリーシー(ワシントン)とピタ(ファニング)が絆を深めていくといったドラマが繰り広げられていくが、後半・・・誘拐そして殺害後・・・クリーシーの復讐劇が始まるのだがはっきりいって非道。R15指定になってるだけあります。シナリオもよく出来ていると思うし前半部分、後半部分で二面性ある映画だけどどちらも退屈する事なく観れた映画でした。最後で泣いてしまう人多いのでは?って感じ。非道な部分はグロぃけど全体通して結構オススメできる映画!やっぱりダコタ・ファニングかわええのぉ
スポンサーサイト

| cinema | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

ほほ~う。
見た事はないけど、前々から気にはなってる作品なので忘れなければ近日中に見てみたいと思います。
ダコダ・ファニングは可愛いんだろうけど、年々微妙になってきていると感じるのは俺だけですか?w

| オランダ卿(・Д・)、ペッ | 2006/08/09 20:03 | URL | ≫ EDIT

>オランダ狂

タイトルからベタなんで見るつもりなかったんだけど、偶々TVつけたら衛星で放送しててタイトル知らないで観てたらすごぃよかったって落ちですよ。後々調べたらこれだったのか~って感じ。デンゼルワシントンの映画はハズレがないっていうけど他もオモロイのかね。

| 100shiki | 2006/08/10 12:51 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://100shiki.blog35.fc2.com/tb.php/569-84f4a45f

TRACKBACK

マイ・ボディーガード

トニー・スコットというと、少し前見た「ドミノ」を思い出しますが、比較するとこちらの方が好みです。どちらにしても、映像にこだわる点は同じです。こだわりかたがアノ巨匠とはまた違っているのですが、センスは

| salvation | 2006/08/27 17:17 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。