PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

King Climson


King Climson/In the Court of the Crimson(クリムゾン・キングの宮殿)

1:21st Century Schizoid Man
2:I Talk To The Wind
3:Epitaph
4:Moonchild
5:The Court Of The Crimson Song

HR/HMでは全くないのだがw このアルバムを聞いたきっかけがあるHMアーティストが好んで聞いていたってところから、自分も購入して聞いてみたわけである・・・・。

プログレッシブ・ロックに属するバンドだが、個人的にはプログレは余り好きではない。曲にもよるのだが、めちゃめちゃ長い曲とかが存在する(20分とかw)。プログレの定義もまた難しいところ。  プログレに代表されるYes,PinkFloyd,ELPなども一通り聞きましたが、自分にはKingClimsonが1番!・・・・・・で彼らの曲の中でたぶん1番有名な曲「21st Century Schizoid Man」まじやばいです。今では主流だったりするボーカルのエフェクト(ディストーション?)、最先端いってますw またこれがカッコよいのですが、自分の中で一番衝撃的だったのが、この曲の序盤でドラムのソロ?が入って、その後にギターがドラムソロを真似る!その後、ドラムとギターの共演!聞く価値大です! 確か、この曲だったかなギターがライトハンド奏法を使ってるらしくて、実はエディ・ヴァンヘイレンより先取り!?だったりっといろんな事に試みている素晴らしいバンドなのである。




スポンサーサイト

| HR/HM | comments:6 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT

21st Century Schizoid Man、最高ですね
間奏のやり取りはもう・・
Liveの音源なんか、変態としか思えん(´д`)

| kaz.music.hero14 | 2005/05/16 17:58 | URL | ≫ EDIT

こんにちは^^ オイラもプログレは苦手分野です…だけど、このアルバムだけは何故か好きなんですよw まぁカレーでいうと具沢山というかw(笑/意味不明;) みんなここから少しずつパクってるんじゃないの?っていうぐらい「おいしそうなフレーズやリズム」が満載ですよね^^

| nervous-breakdown | 2005/05/16 20:01 | URL | ≫ EDIT

>kazさん
間奏の部分が・・・・・そう変態なんですよ。そこまで熱演しなくてもってくらいの間奏・・・・・変態ですねw
>nervous-breakdownさん
具沢山・・・・なんかわかる気がします^^。 フレーズ、リズム満載な感じが私の好物なんです^^。

| 100_shiki | 2005/05/17 10:26 | URL | ≫ EDIT

トラックバックありがとうございます。
こちらもトラックバックさせてもらいました。
確かにプログレは難解なうえに長い曲が多いので、敬遠されがちですが、このアルバムはまだマシと言えるでしょうね。
マイケル・ジャイルスのドラムはホント、カッコイイです!
それと私もニルヴァーナ大好きですよ!

| sy_rock1009 | 2005/05/17 20:07 | URL | ≫ EDIT

はじめまして。TBありがとうございます。
こちらからもTBさせて頂きました。
この作品はプログレの最高傑作ですが、プログレのひとことだけでは片付けられないカッコよさがあります。
「21st Century Schizoid Man」がCMで使われた時はビックリでしたが。

| lonehawk | 2005/05/17 22:27 | URL | ≫ EDIT

>sy_rock1009さん
はじめまして プログレ=難解 ごもっともです。けどよーく聞くと深かったりするんですよね。ドラム本気でかっこよいですよ
>lonehawkさん
はじめまして。確かにCMで使われていましたねぇ。車のCMだったかな?

| 100_shiki | 2005/05/18 11:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://100shiki.blog35.fc2.com/tb.php/150-744d49e7

TRACKBACK

クリムゾン・キングの宮殿

”衝撃のデビュー・アルバム”と形容されるアルバムは数多くあれど、今回紹介するこのキング・クリムゾンのデビュー・アルバムほど、その言葉を体現しているものはない。まさに真の”衝撃のデビュー・アルバム”と言えるだろう。という事で今回はコチラのアルバムを紹介です

| ROCK ANTHOLO.. | 2005/05/17 20:05 |

IN THE COURT OF THE CRIMSON ..

巷で噂のオリジナルマスター仕様の『クリムゾン・キングの宮殿』をようやく入手しました。今までのCDもいい音だと思っていましたが、やはり今回のものにはとてもかないません。以前ストレンジ・デイズに採り上げられ、今月のレココレでも紹介されておりますのでご存知の方

| 芸術的生活 | 2005/05/17 22:18 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。